注文住宅はこう造る!家づくりの流れ

夢の一戸建て!まずはイメージづくりから!

「いつかは夢の一戸建てに住みたい」家に関心を持っている方の中には、このように思うことも多いかもしれません。でも、何事も憧れだけでは何も前に進みませんよね。家を建てたい・購入したいと考えても、何から始めたらいいのかわからないという場合がほとんどではないでしょうか。
住宅の購入を考えたら、まずすべきことは家に住むことのイメージづくりです。なんでもかんでもすぐ手を出してしまうこともあるようですが、住宅は一生ものですから慎重に話を進めていきたいものです。何となく業者や周りの意見に乗っかってしまうと、建て終えたあとに「こんなはずじゃなかった」と後悔してしまう事態になりかねません。
ですから、まずは自分にとって家というものがどういうものなのか、自分がどのようにその家で過ごすのか具体的にイメージしておくことが重要です。

住宅取得の流れ!きっかけは住宅展示場?

住宅購入の流れは、おおまかに説明すると情報収集→メーカーまたは工事業者との契約・ローン契約→着工→住宅完成→入居となります。
住宅を取得する際には、さまざまな業者とやりとりしていく必要があります。大手ハウスメーカーであれば営業スタッフや提携している不動産管理業者、建築士、金融関係の方などいろんな交流がうまれます。
その流れをつくるきっかけとなるのが、住宅展示場でしょう。住宅展示場では、各メーカーがモデルハウスを置いて営業しています。ここで営業スタッフと顧客が出会い、住宅購入の流れが始まるのです。この時点でお世話をしてくれる営業スタッフが、住宅取得の面倒をみてくれます。また、住宅展示場は、メーカー独自の設計を取り入れたモデルハウスが軒並み立ち並んでいるので、家のイメージづくりにも最適といえるでしょう。家づくりを始めたいと思う方は、まずは住宅展示場に足を運ぶとよいでしょう。

アパートとかマンションだと壁が薄かったりして、大きな音を出さないようにしたりと気をつけなければなりませんが、一戸建てならばそのような気遣いは必要なくなるのです。

© Copyright House Maker. All Rights Reserved.