こんなに違う?業者による建築手法

設計から施工まで一括請負方式

業者による建築手法の違いは大きく分けて2種類ありますが、そのうちの一つが一括請負方式という手法です。これは設計から施工までを工務店やハウスメーカーが行うというもので、元請会社に一括発注する形になります。この方式によるメリットは、元請会社に一括発注を行うことでスムーズに施行が行われるということが挙げられるでしょう。また、何かトラブルが生じた場合においても、責任の所在がハッキリとしているので解決もしやすいといいことがあります。デメリットとして言えるのは、設計から工事管理まで一括して行うことにより、ある意味密室で行われてしまう形になるということです。つまり、第三者による監視が無く中抜き部分も多くなるので、利益が大きくなってしまい費用がかさむということも言えます。

委託契約によるピュアCM手法

元請会社に一括発注する一括請負方式の対極にあるのがピュアCM手法です。建築家が委託契約を結び設計・見積・業者選定・施工監理までを行う方式になります。このピュアCM手法によるメリットですが、建築主が設計・見積・業者選定・施工監理など全ての会社と直接打ち合わせを行ってから発注することが出来るので、要望が通りやすいということが言えます。また、一つ一つの工程に必要な費用が明確になっているので、予算配分がしやすいということも言えるでしょう。ただし、個別の打ち合わせや支払いなどが必要になってきますので、建築主が行わなければいけない作業が増えてしまうというデメリットもあります。責任の所在も事前にしっかり決めておかないと後々のトラブルの元になる可能性も出てきます。

建売住宅は、注文住宅に比べると値段が安いことがメリットの1つです。また、すでに建物が完成しているので、つなぎ融資を利用する必要もありません。完成した建物を見てから購入ができるという点もメリットです。

© Copyright House Maker. All Rights Reserved.